読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもの

f:id:chipppppearl1030:20170106104139j:plain


いつものベーカリーのいつもの風景。

旧正月前なので赤い装飾多め。


息子のスクールのすぐそばにある小さな小さなパン屋。


毎朝息子を送ったあと、ここで朝ごはんを食べる時間がホッとする。


パンの種類も少ないし、店も狭い。

Having here できるテーブルと椅子もあるけど、とても簡易的なもの。

居心地のいいソファとは程遠い。


店員もいつも同じ人。

決して愛想良くはない。

むしろ威圧感すごい。


初めは、怖かった。そして態度が良くないのでちょっとムカついたりしてた。


でもシンガポーリアンてそんなものなんだと今では思う。


彼女は決して無愛想なわけではなく、これが普通。

誰にも媚びてないだけなのだ。


レジしながらケータイいじりまくる。日本人からすれば、態度の悪い店員。だけど、彼女は誰にも遠慮してないだけ。


そして何回も通ううちに、彼女はいい人なんだとわかった。


たまに話しかけてきてくれる。


オイシイネ?!


アリガトゴザマシター!


と片言の日本語で、威圧的に話して来る。



決してオシャレな店ではないけれど、私はここが一番居心地がいい。


本当はここのサンドイッチにも飽きてるけど、それでもここに来てしまう。

居心地がいいから。


ここで毎朝ボーッとしてる。



日本に帰っても、こうゆう場所見つけられるといいな…